フィット感があるウィッグ

ウィッグ選びのポイント

フィット感があるウィッグ

フィット感があるウィッグ 医療用ウィッグを選ぶときは、頭皮にフィットするものを選んでください。きついと感じるようだと小さすぎるので、毎日装着していると血行不良を招いてしまいます。医療用ウィッグと育毛ケアを並行していく場合、血行が悪くなると育毛効果が出にくくなります。育毛のために大切なのは頭皮を強化することなので、頭皮は常に柔軟にしておく必要があるでしょう。フィットしない医療用ウィッグを装着すると疲れますし、ストレスが溜まってイライラするデメリットもあります。

最近の医療用ウィッグは装着感がよいものが多く、つけているのを忘れてしまうものがあります。ただし装着を続けていると頭皮が汚れてしまうので、家にいるときは外すのが好ましいです。皮脂を増やす原因にもなるので、毛穴が詰まって抜け毛を増やしてしまいます。抜け毛を安定させるためにも、毎日1回は洗髪をして毛穴をキレイにしてください。1日数分でよいので頭皮マッサージを行なっておけば、ヘアサイクルを正常にできます。

医療用ウィッグへの助成金はあるの?

医療用ウィッグへの助成金はあるの? 高額な医療用ウィッグは、たくさんかかった医療費の一部が戻る確定申告時の医療費控除と、加入している健康保険では治療には直接関係がないと判断されてしまうため、残念ながら助成金は出ないのです。しかし最近は少ないですが、がんで医療用ウィッグが必要になった場合、お金が還付される保険プランがあるのです。契約しているがん保険があれば、ウィッグも対応しているのか確認してみるのが良いでしょう。

そして数は多くないですが、医療用ウィッグに補助金制度がある自治体もあるのです。金額と補助が受けられる条件は異なりますが、主な条件はその自治体に住んでいること、がんと診断され治療中であること、がんが原因の脱毛で仕事に支障があるため、ウィッグが必要であることなどがあります。金額は約1~3万円、申請するためには補助金交付申請書、医療用ウィッグを購入したときの領収書または写し、がん治療を受けている証明ができる書類などが必要になります。在住している自治体で助成金を受け取れるのか、確認してみましょう。